株式会社アイケイ

CSR

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択された、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を期限とした17の国際目標です。

当社グループにおけるSDGsの理解

当社グループにおきましては、SDGsが国連サミットで採択された背景を十分に理解して、社内的に掲げた目標達成に向け、できることから着実に実行し、企業の成長と合わせて国際社会への貢献に繋げていきます。私たちは、SDGsは現状でも行っているビジネスのゴールの一つでもあり、その延長上に「将来に希望が持てる社会」の実現があると理解しています。

当社グループがSDGsの取り組みを通じて行いたいこと

目標に向けての具体的な取り組み

永続性と生命力あふれた企業グループつくり

フリータイム制度 社員一人ひとりに合わせた働き方の構築
おもてなし課 新卒の登竜門。社内外へのおもてなしを考えます
育ての親・里親制度 人材早期育成の定着化
教えるプログラム 自立教育、相手に教えることで自らの理解を深める
取り扱い基準の順守 「アイケイ商品取り扱い基準」遵守により、地球環境にアゲインストな商品の取り扱いを排除

経営とCSRの融合

globe基金

globe school 環境教育を取り入れた小学校を提供しています

globe HouseⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ アフリカの内戦に駆り出された子供兵を救う施設を提供しています

globe Farm 救われた子供兵たちが自立するための農園を提供しています

globe Road 農園で収穫した作物を市場まで運ぶための道路を提供しています

globe Education programⅠ・Ⅱ globe Houseで行う小学校レベルの教育支援を行っています

アイケイ地球環境政策 ビジネスを通じて地球環境保全に貢献できる仕組み構築

企業価値の向上

・SDGsの取り組みに賛同されたお客様からのご支援により、既存事業が躍進しました
・環境社会への貢献により、ESG投資先として相応しい会社でありたいと願っております
TOP