HOME >インタビュー >湯浅 誠

インタビュー

Working style

8:00〜
メールチェック、スケジュール調整
9:00~
朝礼 全員の顔をチェック
10:00~
商談(企画開発、
営業同行など日によって様々)
18:00~
社に戻って商談まとめ
19:00~
メール確認と返信
20:00
帰社

Holiday style

休日はなるべく外へ出かけるようにしてます。
時には愛知牧場で馬と戯れたり、またあるときは名古屋競馬場で馬と戯れたり、って言うのは冗談ですが、月に1回は遠出して自然を満喫しています。
サッカーを昔からやっているんで、地元大阪まで戻ってサッカーやフットサルもたまにします。
まぁ休みはとことんリフレッシュ。遊ぶときは遊び、働くときは働く。ONとOFFをきちんとつけます。

Profile

出身地
大阪府
出身校
同志社大学
入社年
2005年
座右の銘
今を死ぬ気で生きる
会社の指名・意義を教えてください
会社訪問の際に、社長及び先輩社員さんとお話する機会をいただき、若手でもドンドン責任のある仕事を任せてもらえることや、事業計画次第では独立も出来るというまさにベンチャースピリッツに溢れた会社ということがヒシヒシと伝わってきたことがきっかけ。大手、中小企業含め80社以上説明会や面談をしたけどここより熱い会社はなかった。
特販事業部の事業部部長
特販事業部というのはアイケイでまだ生まれたての部署で、主にバラエティーSHOPさんやドラッグストアさんに商品を卸すことと、その商品を作ることが仕事です。企画開発~営業までを自部署で全て行っており、その統括をさせていただいております。
主力商品としては、メイクブランドLBやピカツル肌クリアパック、仕入れ品なら24Hコスメやアデランスなど主にコスメや美健商品を取り扱っております。それらを全国に広めるために日々メンバーと切磋琢磨しながら成長しています。
メンバーに対していつも真剣なこと。1にも2にも仕事が上手くいくいかないかはメンバーの力にかかってます。まだまだヨチヨチ歩きのこの部署では1名のメンバーも欠かすことが出来ません。それぞれの能力を最大限に引き出すことが私の役職であり、言わば野球やサッカーでいう監督みたいなものです。メンバーの長所を徹底的に伸ばせる環境を整えるのが私の仕事において最も大切なことと感じています。
最近色々な企業様(お得意先)からアイケイさんて面白いねと言われる。それは他の企業にない商品企画であったり売り方、見せ方を提案しているから言われるものであり最高の褒め言葉です。実際にある企業様では大手メーカーを差し置いてNO1化粧品にも輝いた商品もあります。そういったこともベンチャーならではの楽しみ。
スピードと判断力。仕事の処理もそうですし、社内や先方への回答またクレームなど全てにおいてスピードが大切だということ。また事業部長という立場においてはあらゆる場面でジャッジが必要になってきます。ジャッジの基準はお客様立場主義で行うのですが、この判断を誤ると経営基盤が崩れかねない。
会社とともにではなく、我々の部署が成長(高収益化)することで会社もより成長する。高収益のビジネスモデルを5年で完成させ現在の全社営業利益を上回るのが目標。
アイケイという会社には若手が活躍できるフィールドが用意されてます。それは一方で非常に責任のある仕事でプレッシャーも並々ならないものがあります。しかしそのプレッシャーを乗り越えて成功したときの喜びは最高です。ベンチャースピリッツに溢れたチャレンジャー・・・出てこいや~!!
  • 採用エントリー

  • 株式会社アイケイ コーポレートサイト